005202
 

いつくしみの特別聖年

 

浜口末男司教 聖年メッセージ

浜口末男司教 聖年メッセージ
 
いつくしみの特別聖年
パウロ浜口末男司教
特別聖年公布の大勅書は、イエス・キリストは御父のいつしみの御顔であり、「キリスト者の信仰の神秘は、一言でいえばこの表現に尽きる」と述べ、「忍耐強く、いつくしみ深い」ことを神の本性とみています。そもそも「神のいつくしみ」とは何でしょう。
ヨハネ・パウロ二世は、回勅「いつくしみ深い神」の中で次のように説明しています。神の民は契約に基づく民でしたが、いつもこの契約に不忠実でした。にもかかわらず、神は不幸に見舞われる民を見捨てることができません。神の民は自分たちの罪や不忠実を上回る神の愛を知りました。彼らはこの愛を主に二つの語で表現しました。一つはラハミムで、元来母の愛を指し、母と子を結ぶ深く独自なきずなから生まれる特別な愛をいいます。「抽象的な概念ではなく、わが子のことで体の奥から沸き起こる親の愛のように、…はらわたが千切れるほどの愛」です。もう一つはヘセドで、誠実・忠義の意味が加わり、変わらぬ愛、裏切りよりも強い愛、罪よりも強い恵みをいいます。神の真心は、人間のことばで、まして一つの単語で表現し尽くすことは出来ませんでした。イエス様はこの神に「アッバ・父よ」と呼びかけました。イエスさまの十字架と復活が、神のいつくしみの頂点となります。
教皇様は言います。「特別聖年は、常に私たちへと御父が広げておられるいつくしみを、日々の生活の中で体験するためのものです。この聖年の間に、神に驚かせていただきましょう。神は…ご自分の心の扉を常に開けたままにしておられます」。聖体とゆるしの秘跡と免償は、いつくしみの特別聖年で特別な場を占めます。
罪深いわたしたちが、ゆるしの神に出会うのは極めてプライベートな出来事であり、人格が変わるほどの深い内的行為です。しかしそこで出会ういつくしみ深い方は、ご自分の「顔」としてイエスを遣わされました。私たちはこれを「食べ」ます。信仰の内向きの姿勢と「出向いて行く」姿勢の統合に悩むわたしたちですが、いつくしみの神との出会いが、これを解決してくれます。
 

大分教区における巡礼指定地

大分教区における巡礼指定地
 
カトリック大分教会
大分司教座聖堂
大分県大分市中央町3丁目7-30
TEL.097-532-2452
 
カトリック宮崎教会
大分教区宮崎地区
宮崎県宮崎市吉村町北中甲1238-1
TEL.0985-27-6662
 
野津のルルド
大分教区公式巡礼地
臼杵市野津町大字宮原字ウメキン5263-8
TEL.0974-32-7770
 

免償が得られるための条件

免償が得られるための条件
 
・ゆるしの秘跡に与り、あらゆる罪への傾きから離れる。
・ミサ聖祭に与り、聖体拝領をする。
・教皇の意向のための祈りを行う。
 

巡礼地でのみことばの祭儀式次第(例文)

巡礼地でのみことばの祭儀式次第(例文)
 
開祭

聖歌 例えば「しあわせな人」(典礼聖歌102①③⑥)

先 父と子と聖霊のみ名によって。
会 アーメン。

回心 司祭また先唱者は、次のように、会衆を回心に招く。

先 皆さん、わたしたちはいつくしみの特別聖年の免償の恵みを願って、ここに巡礼に来ました。ことばの祭儀を行う前に、わたしたちの罪を認め、心を改めましょう。

しばらく沈黙のうちに糾明する。


会 全能の神と、
兄弟の皆さんに告白します。わたしは、思い、言葉、行い、怠りによって、たびたび罪を犯しました。聖母マリア、すべての天使と聖人、そして兄弟の皆さん、罪深いわたしのために神に祈ってください。

(司祭がいる場合)

司 全能の神がわたしたちをあわれみ、罪をゆるし、永遠のいのちに導いてくださいますように。
会 アーメン。

初めの祈り 〔一緒に唱える〕

神よ、主キリストはその生涯を通して、いつくしみ深い御父の愛を示してくださいました。わたしたちがキリストに結ばれ、神のゆるしを信じて罪から立ち帰り、キリストの愛によって人々に仕える者となりますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

聖書朗読  神のいつくしみについての箇所から一部を選んで朗読する。以下を参考してもよい。

【聖書参考箇所】
・主の恵みの年を告げるためである ルカ 4.16-30
・罪人が御もとに立ち帰るように 詩編 51.11-16
・父の家に帰ろう ルカ 15.11-32
・神の選ぶ断食とは、虐げられた人の開放 イザヤ 58.6-11
・見て憐れに思い、近寄って介抱した ルカ 10.15-37


説教  司祭がいる場合、いつくしみの特別聖年あるいは免償について簡単な説教をすることが望ましい。司祭がいない場合は、しばらく沈黙のうちにみことばを黙想する。

教皇の意向のための祈り 〔一緒に唱える〕
・使徒信条
・主の祈り
・聖母マリアへの祈り
・栄唱

いつくしみの特別聖年のための祈り〔一緒に唱える〕
主イエス・キリスト、あなたはわたしたちが天の御父のようにいつくしみ深い者となるよう教え、あなたを見る者は御父を見ると仰せになりました。 み顔を示してくださればわたしたちは救われます。
あなたの愛に満ちたまなざしによって、 ザアカイとマタイは富への執着から解き放たれ、姦通の女とマグダラのマリアは、 この世のものだけに幸せを求めることから解放されました。 ペトロはあなたを裏切った後に涙を流し、 悔い改めた盗人には楽園が約束されました。 あなたはサマリアの女に、「もしあなたが神のたまものを知っていたなら」と語られました。 このことばを、わたしたち一人ひとりに向けられたことばとして聞かせてください。
あなたは、目に見えない御父の、目に見えるみ顔です。何よりもゆるしといつくしみによって、自らの力を示される神のみ顔です。教会がこの世において、復活し栄光に満ちておられる主のみ顔となりますように。あなたは、ご自分に仕える者が弱さを身にまとい、無知と過ちの闇の中を歩む人々を、心から思いやることができるようお望みになりました。これら仕える者に出会うすべての人が、神から必要とされ、愛され、ゆるされていると感じることができますように。あなたの霊を送り、わたしたち一人ひとりに油を注ぎ、聖なるものとしてください。
神のいつくしみの聖なる年が、主の恵みに満ちた一年となり、あなたの教会が新たな熱意をもって、貧しい人によい知らせをもたらし、捕らわれ、抑圧されている人に解放を、目の見えない人に視力の回復を告げることができますように。この祈りを、いつくしみの母であるマリアの取り次ぎによって、御父と聖霊とともに世々に生き、治めておられるあなたにおささげいたします。アーメン。

結びの祈り  〔一緒に唱える〕

いつくしみ深い父よ、あなたは罪人や苦しんでいる人に近づき、共におられ、救ってくださる神です。その憐れみによって救われたわたしたちが、貧しい人、苦しんでいる人たちの隣人となるよう、恵みと勇気をお与えください。わたしたちの主、イエス・キリストによって。アーメン。

祝福と派遣 

(司祭がいる場合)
 主は皆さんとともに。
 また司祭とともに。
 全能の神、父と子と聖霊の祝福 + が皆さんの上に豊かにありますように。
 アーメン。
 みことばの祭儀を終わります。行きましょう。主の平和のうちに。
 神に感謝。

(司祭がいない場合)
 賛美と感謝のうちに。
 神に感謝。
 
聖歌 例えば「神よあなたのことばは」(典礼聖歌76②③)
 

いつくしみの特別聖年 大分教区スケジュール

いつくしみの特別聖年 大分教区スケジュール
 
いつくしみの特別聖年大分教区カレンダー
特別聖年開幕ミサ
 2015年12月8日(火) 10:00
 大分教会、宮崎教会
 
いつくしみの扉開扉ミサ
 2015年12月13日(日)9:30
 大分教会、宮崎教会
 
「家庭の聖年」
 2015年12月27日(日)
 各小教区にて
 
主にささげる24時間
 2016年3月4日(金)6:00~
 大分教会
 
野津ルルド祭
 2016年5月8日(日)13:00
 野津ルルドの丘
 
岐部祭
 2016年7月3日(日)10:30
 国東みんなんかん
特別聖年閉幕ミサ
 2016年11月13日(日)9:30
 大分教会、宮崎教会
 

お願い

お願い
 
巡礼指定地でのゆるしの秘跡、ミサ聖祭及び聖体拝領に関して、基本的に対応できませんので、各小教区等で果たしてから巡礼に来られるようお願いいたします。
なお、巡礼指定地にてミサ聖祭を捧げたい場合は、事前に各巡礼指定地に連絡してください。
 
カトリック大分司教区
<<カトリック大分司教区>> 〒870-0035 大分県大分市中央町3丁目7番30号 TEL:097-532-3397 FAX:097-538-6287