本文へ移動
大分教区公式WEBサイトの運用を開始しました ご意見は info@oita-chatholic.jp へ

カトリック大分司教区の最新ニュース・お知らせ

主日の公開ミサ中止措置の解除について(2020年5月11日)
2020-05-13
2020年5月11日
主任神父様
信徒の皆様
主日の公開ミサ中止措置の解除について
カトリック大分教区 司教
浜口 末男
 
これまで、長期にわたり、公開の主日のミサを原則中止としてきましたが、大分県、宮崎県の状況を考慮し、十分な感染予防対策を講じた上で、主日の公開ミサを原則中止する措置を解除することといたします。
ただし、ミサに限らず、教会の集会に参加する信徒は、自分の健康状態や家庭の状況を考慮して、不安があれば、参加しない決断をしてください。
感染予防対策については、2枚目の文書を参考してください。
引き続き、全世界の教会、および善意の人々と連帯し、感染の早期収束と、困難に直面している人々、医療従事者のために祈りましょう。
 
 
感染予防対策について
 
少なくとも、以下の感染予防対策を講じてください。
① 体調が悪い方は参加しないこと。
② 発熱・呼吸器症状のある方(2週間以内に家族内にいた、もしくはそういう方との接触があった方)は参加しないこと。
③ 一ヵ月以内の海外渡航歴がある方(もしくは該当者と2週間以内に接触のある方)は参加しないこと。
④ 手指消毒・環境衛生を徹底すること。(ミサ前後の聖堂内のバンコなど人が触れたものの拭き上げの実施、また出入り口に消毒液の設置など。)
⑤ 可能な限り隣の人と距離を取ること。
⑥ 扉や窓を開け、換気を常に行うこと。
⑦ 典礼に要する時間を可能な限り短くすること。(例えば、聖歌を歌わない、説教を短くするなど)
⑧ 聖体拝領は手のみとし、口では受けないこと。
⑨ マスクを持っている人は、着用したまま参加すること。
⑩ ミサに参加できない信徒のために、前もって『聖書と典礼』などを配布すること。
 
0
4
9
8
0
6
TOPへ戻る