本文へ移動
大分教区公式WEBサイトの運用を開始しました ご意見は info@oita-chatholic.jp へ

カトリック大分司教区の最新ニュース・お知らせ

聖霊降臨の祭日 (5/31)のミサの説教(小寺左千夫)
2020-05-31
復活節最後の主日である聖霊降臨の祭日のミサの説教です。三位の一ペルソナである聖霊が降り、教会が誕生します。その後、聖霊はずっと私たちと共にいて教会を、そして全ての人を神のもとへ導いてくださいます。主日の公開ミサは再開されましたが、引き続きコロナ感染対策に努めてまいりましょう。
使徒信条「聖霊を信じます」
ヨハネ20.19‐23「聖霊を受けなさい」(2020年5月31日)
オプス・デイ 小寺 左千夫
 
 神は人間をご自分の家族に紹介してくださいます。自分の家に人を招待して家族を紹介するのは本当の友達になった時です。家族とは自分のプライバシーに属するもので、その中にある親密さや信頼は大切にしたいと思うからです。神様も同じようにされました。長い旧約の時代に、神様はご自分が唯一のお方であることを徐々に啓示されました。新約時代になると、まず第二のペルソナを紹介されます。そして、この第二のペルソナが今度はこの世を去る前に、第三のペルソナを紹介されたのです。
 
 イエスは公生活において何度か聖霊についてお話しになりましたが、詳しく説明されたのは最後の晩餐のときでした。それは、主と使徒たちだけの送別会のような雰囲気がある親密な食事の場でした、イエスはそこで多くのことを使徒たちに語られますが、その中で自分がこの世から去れば御父に頼んで「真理の霊」とも「弁護者」とも呼ばれる霊を送ること、その方が使徒たちを真理に導かれること、この世はこの霊を知らないこと、霊はこの世の誤りを明らかにされるであろうこと、などをお教えになりました。「弁護者、すなわち、父が私の名によってお遣わしになる聖霊が、あなた方にすべてのことを教え、私が話したことをことごとく思い起こさせてくださる」(ヨハネ14.26)。「私が去っていくのはあなた方のためになる。私が去って行かなければ、弁護者はあなた方のところには来ないからである」(同16-7)。
 
 つまり、イエスはご自分が天に上られた後はバトンを聖霊に渡されたと言えます。イエスの昇天の後は聖霊が主人公となり、今は「聖霊の時代」ということになります。バトンを受け継いだ聖霊は、どのような働きをされるのでしょうか?最大の働きは教会の指導です。私たちの信仰を指導し、世界に信仰を伝えようとする教会は、その大仕事を聖霊の導きの下に行っているのです。だから使徒たちの宣教を記した使徒言行録は、「聖霊の福音書」と呼ばれます。
 教会の働きの中で中心を占めるのは秘蹟ですが、秘蹟の中で働かれるのは聖霊です。次に聖書があります。聖書は、聖霊がマタイやヨハネなどの聖書記者に働きかけてできた書物です。聖書を読むときに、私たちは聖霊の声を聞いていると考えられます。また聖人たちの行いに聖霊の働きが見られます。聖人たちも私たちと同じ欠点をもつ人間であったが、聖霊の助けによって偉大な人生を送ったのです。
 
最後に、私たち一人一人の信仰生活自体が聖霊の働きの表れなのです。「誰も霊によらなければ、イエスを神の子と呼ぶことは出来ない」と聖書にあるように、イエスを信じ愛そうとするなら、聖霊に頻繁に助けを求める必要があります。その第一歩が聖霊に対して、「聖霊」という名前で呼びかけることです。聖霊よ、来てください。■*2020/05/31 (文責:小寺神父)
 
0
4
6
3
7
2
TOPへ戻る