本文へ移動

主日のみことばの説教と解説

みことばを生きる

復活節第二主日(A年)のみことばの典礼の解説(2020.04.19)
2020-04-18
 新型コロナウイルスが猛威を振るっており、その感染の勢いはとどまるところを知らないようです。大分教区でも主日の会衆が参加して行われる公開ミサの中止が継続されたままです。しかし、典礼を超えてでも恵みを与えることができる神は、きっと、このような困難な状況であるからこそ、ミサに与れないキリスト者一人ひとりに大きなお恵みを注いでくださるはずです。あとは、私たちの心構え次第です。主日のミサで読まれる神のみことばをとおして、神が与えようとしておられる豊かなお恵みに今一度、心と体を向けなおしたいと思います。そのために、この解説を役立てていただければそれに越したことはありません。新型コロナの一日も早い収束と終息を、聖母のお取り次ぎをとおして祈りつつ…
 
0
4
6
7
9
1
TOPへ戻る