本文へ移動

主日のみことばの説教と解説

みことばを生きる

復活節第四主日(A年)のみことばの典礼の解説
2020-04-30
復活節第4主日は伝統的に「良い牧者の主日」と呼ばれ、牧者イエスと羊である私たちについて黙想するよう、典礼は招いています。新型コロナウイルスの危機的状況にあっても、牧者イエスが私たちを力強く神のいのちへと導いてくださいますように。祈りのうちに、みことばに養われたいと思います。
復活節第四主日(A年)のみことばの典礼の解説
  • (2020-04-30・548KB)
 
0
5
4
5
3
4
TOPへ戻る