本文へ移動
大分教区公式WEBサイトの運用を開始しました ご意見は info@oita-chatholic.jp へ
キリストはすべての人を照らす真の光 (長崎、外海の海に沈む夕日)
2020/12/28撮影

カトリック教会のお知らせ

7月の教皇の祈りの意向:病者への司牧的ケアのために
2024-07-03
NEW
教皇フランシスコは、2024年7月の祈りの意向について、ビデオメッセージをよせられた。

 カトリック教会は、毎月、「教皇の祈りの意向」を示し、教会全体が日々の祈りの中で、その意向に基づいて祈るように招いている。

 2024年7月は、「病者への司牧的ケア」のために、次のように祈る。 

 「病者の塗油の秘跡が、それに授かる方とその方の愛する人たちに主の力を与え、誰の目にも共感と希望のしるしとして映し出されますように」。

 教皇フランシスコは、この意向をめぐり、ビデオを通し次のように話された。

********** 

 今月は病者への司牧的ケアのために祈りましょう。

 病者の塗油は、臨終にある人のためだけの秘跡ではありません。これをはっきりさせておくことが重要です。

 司祭が塗油の秘跡のために、ある人に近づく時、それは必ずしもこの世との別れを助けているわけではありません。そう考えるならば、あらゆる希望を失ってしまいます。

 それは司祭の後には葬儀業者がやって来るのだと思い込むことです。

 病者の塗油は、「いやし」と「回復」の秘跡の一つであり、魂をいやすものです。

 ある人が重い病状にある時、病者の塗油を授けることが勧められます。そして、ある人が高齢である場合、病者の塗油を受けるのはよいことです。

 祈りましょう。病者の塗油の秘跡が、それに授かる方とその方の愛する人たちに主の力を与え、誰の目にも共感と希望のしるしとして映し出されますように。

 
2
0
8
5
2
3
TOPへ戻る